「休日を楽しみに平日頑張るなんて虚しくないですか?」みたいな煽りに中指を立てたい

よく自由な働き方してます!みたいな人が「休日を楽しみに平日頑張るなんて虚しくないですか?」みたいな煽り文句をサラリーマンの人に飛ばしてるのを見るのですが、

 

そういう人ってこの世に存在する様々な概念のうちの最上位ランクに君臨する究極幸福概念 華金 も否定するんですかね?

 

もちろん休日にしか人生の喜びがない、平日は奴隷の毎日ですみたいな働き方をされてる方は、他のやり方を模索しないと心身が持たないと思うんですが

 

そりゃ誰しも休日は楽しみじゃないですか?1週間頑張って、よしゃー休日だ!みたいなのって尊くないですか?

 

休日の使い方は多種多様だし、趣味に没頭する人もいれば、旅行に行く人もいる。自己研鑽に励む人もいれば、睡眠にコミットする人もいる。

 

でも共通して週末の2日間って”平日にはできない時間の使い方”をする日じゃないですか?それを楽しみに生きて何が悪い。それと平日の仕事の充実度に相関関係はないと思います。

 

その区切りである重要すぎる曜日、華金を僕は愛してます。

 

みなさん、1週間お疲れ様でした。素晴らしい週末を。

今日は華金Enjoyしてください!

 

1週間、留年フリーランス(学校に通いながらフリーの案件をこなす特殊な形態)を駆け抜けた僕は、ちなみに今日の華金はぼっちです。銭湯でも行ってきます。

 

(ちなみにフリーランスといっても、扱う案件によるのですが、けっこう平日に作業を進めるほうが効率いいです。週末は取引先が休みなので、連絡がとれない。なので土日は休みます。華金を楽しむ族です。仲間に入れてください。)

 

今日はここまで。